魚をさばく! メヒカリは並べて冷凍!そして唐揚げや天ぷらに。

メヒカリの簡単な保存方法

安くておいしい深海魚メヒカリ。エラと内臓を取って(下で説明しています)冷凍保管がおススメです。

トレーに入っていたメヒカリ。下処理後のメヒカリをトレーに並べて水をヒタヒタにして冷凍。

ヒタヒタの水が凍って氷が表面につく事で冷凍焼け(乾燥したり酸化したり匂いが付いたり)しにくくなるので2か月ぐらい保存できます。

メヒカリが食べたい時に

あ、今日メヒカリ食べたい!というときは冷凍庫から出して

流水で溶かします。5分くらいでスグ溶けます。

 

 

というわけで我が家は磯部揚げ風にしました。

頭を落としてもいいんでしょうが・・・奥歯でしっかり噛めばカルシウムもシッカリ取れます。

食べられるのに捨ててしまうのは勿体ない!食べましょう!苦手な人は最初は下のように頭なしでもいいですが、

メヒカリの下処理方法

凍らせる前の下処理は、鱗を取ってから、お腹側から始めます。

魚のお尻の穴は、ピンセットで持ったシリビレの前にお尻の穴があるのが普通ですが、メヒカリは珍しく、体の真ん中の黒い部分にお尻の穴があります。そこからハサミを入れて切ってみると、内臓が取れるので、水で洗います。エラも指で取ってしまっていいでしょう。

深海魚の特徴、黒い皮は腐ったわけではないのでそのままでもOK。

優しく指でこすると皮だけ取れますが、天ぷらの盛り付け等で見た目を気にしなければそのままの方が楽です。

「この黒い色、腐ってんじゃないの?」と言われたときに、「え?そんなことも知らないの??」とニヤリとしたい人は、腹黒な理由を「こちら」からどうぞ!

 

他の魚介類の保存方法は「こちら」で。

色々な魚介類のさばくコツは「こちら」で。

家庭での調理は誰も見てません。ラクチンに考えて美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー