魚をさばく! ホヤはキッチンバサミと包丁で。

ホヤのさばき方

カラをハサミで切り、取り出した身から内臓を取り除き、包丁で切るだけです。全部ハサミでさばいてしまう人もいます。

簡単なのでチャレンジしてみましょう。張りがあるホヤがおススメです。

①海水を出す

ホヤは体内に海水をため込んでいます。

殻の開け方次第では海水が勢いよく飛び出してしまい、家中が潮の香りになるので、シンクの中やビニールを掛けるなど、最初は用心して切ることをおすすめします。

2つある突起物のうち、プラス(+:吸水口)の切込みがある部分をハサミで切ると、海水が出てきます。

 

マイナス(ー:排水管の口)の方を切ると水といっしょに消化物(フン)が出てきました。プラスから入ったプランクトンと海水が、マイナスからフンと一緒に出ていくんですね。

②ホヤの身を取り出す

殻皮全体をハサミで切ると、ホヤの身は指で簡単に取り出せます。

根っこの部分は硬いので、無理して切らないでいいでしょう。

 

③フン、エラ、内臓を取り除く

ホヤの身を半分に切って茶色い部分(内臓とエラ)を取り除きます。

最初は「オレンジ色部分だけにする!」と心に決めて黒い部分を探して水で流しながらでもいいでしょう。

 

*ホヤを食べるのが好きな人は、鮮度が良いものであれば、消化管(フン)を取り除くだけで、そのほかの内臓やエラも食べます。

食べられる状態になったら、ここで真水でささっと洗って海水の中の菌を流しましょう。ここまでをシンクで行ってもいいですね。

④好きなサイズに切って食べる

 

*食べ方は、生で刺身が一般的ですが、苦みが苦手な人は、塩水氷につけて締めながら少し苦みを取り除くか、酢漬けやオイル漬けのアヒージョにしてもいいでしょう。

 

ホヤの旬は夏(5月から8月)で、当ホームページの「おさかな歳時記」と、ととけんの「魚の知識の腕試し」でも初夏の6月号で紹介しています。また「ホヤは植物か?、動物か?」でもキモカワイイ(?)ホヤの赤ちゃんといっしょに紹介しています。

 

他の魚介類の保存方法は「こちら」で。

色々な魚介類のさばくコツは「こちら」で。

家庭での調理は誰も見てません。ラクチンに考えて美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー