鮭、鱒、サーモン、トラウトの違い

とてもわかりにくいです。最初は意味がわからないのが当たり前なので、安心して読んでください。

サーモンに旬があるのか?等もわかってくれるかと思います。

混乱の原因① 適当な名前

日本:鮭と鱒の違い

日本では、「鮭は海で獲れる大きなもの、鱒は淡水で獲れる小さなもの」が大雑把な分け方です。

なぜ大雑把になるかというと・・・種類がよくわからないうちに名前を付けたから!

シロザケ以外は鱒と呼んでいたけれど、鮭の方が高級感があるから、鮭と呼び始めたり、地方によって呼び方が違ったことなどが混乱の原因です。

鮭・秋鮭・シロザケとは?

地域によって変わる場合もありますが、同じ鮭を指すことが多いです。

もともと東北で獲れるシロザケだけが鮭で、日本で鮭と呼ばれるのはこの種類です。

秋に取れるので秋鮭とも呼ばれます。

海外:サーモンとトラウトの違い

和訳すると、サーモンは鮭、トラウトは鱒ですが、一般的に海で育ったモノがサーモンという扱いです。しかし、日本の鮭鱒同様しっかり分けられていません。

日本でも海外でもなぜそのような呼び方になっているかは、「和名」や「英名」があだ名であり、それぞれ適当に呼んできたことにも関係していますね・・・(詳しくは「こちら」)。

「鮭鱒」は「サケマス」とも呼びますが、プロは「ケイソン」と読むことも。使ってみるとカッコよく見られるカモしれません。

ちなみにイクラはロシア語で魚卵という意味。

混乱の原因② 種類が同じなのに、育つ場所で大きさが変わる

ヤマメは、同じ親から生まれても、育つ場所によって2倍の以上の大きさ(重さは10倍)になる場合があります。

海に降りる「降海型」はサクラマスと呼ばれ、70cm10Kgまで大きくなります。

海に降りずに川から動かない「陸封型」のヤマメは、30cm700gぐらいにしかなりません。

これを見たら普通は違う種類と勘違いしてしまいます。

ベニザケは海に降りますが、海に降りないとヒメマスと呼ばれます。

海に行くと大きくなるなら、なぜ海に行かないの?

海は危険がいっぱい!なので、大きくなれますが生き残れない事も多いのです。

川では大きくなれないけれど生き残りやすいので、川の縄張り争いで負けた個体が危険性の高い海で大きくなって帰ってくる!というイメージでしょうか。

これも鮭と鱒の混乱の一つ。

何しろ大きさが全然違うので、最初は別の種類として考えられていたかもしれませんね。

サーモントラウトとは? 鱒を海で育てると??

エサが多い海だと大きくなるということは・・・鱒にエサをたくさん上げると大きくなるのでは?と思った方、大正解。そうやってニジマスを海で育てて大きくしたものをサーモントラウトと呼びます。

海で育ったらサーモンなのでトラウトなのにサーモン。そのまま日本語にすると鮭鱒なのでわかりにくい!

そして、養殖なので旬は・・・ありません。

アトランティックサーモン

タイセイヨウサケはアトランティックサーモン、サーモンと呼ばれます。

世界にサーモンの生食が広がったのはノルウェーが日本にサーモンを食べてもらおうとしたのが発端。

なので、サーモンというとこっち!と考えている人も多いです。

何しろノルウェーを中心に世界で260万t/年生産されています。先ほどのトラウトは25万t/年なので、生産量は10倍です!)

こちらも養殖なので旬はありません。一年中旬という考えもできますね。

サーモンと鮭の違い 鮭は刺身で食べてはダメ?

名前や育ち方で大きさが変わる事は、「なんだか変だなぁ」ですみますが、生食には注意が必要です。

日本で捕れるシロザケは生食はダメです。アニサキスがいるため、冷凍するか加熱して食べます。

ルイベとかチャンチャン焼きで上手に利用してきた文化があるのは有名ですね。

ノルウェーやチリなどの海外から運ばれてくるサーモンは、養殖されているのでアニサキスがいません。そのため生食で食べることができます。

アニサキスの詳しい話は「こちら」から。

結局・・・鮭と鱒はどう違うの?

自然状態で育っていた状態でも混乱があった。

養殖されて、さらに混乱が増えた。

慣れないとパッと見てもわからないので、一種類ずつ興味を持って調べてみてください!

鮭の博物館情報

イヨボヤ会館 新潟県村上市 日本で最初の鮭の博物館

千歳水族館 北海道千歳市 日本最大級の淡水魚水族館

札幌市豊平川さけ科学館 北海道札幌市 大都市札幌を流れる川で自然産卵する鮭を観察

標津サーモン科学館 北海道標津郡 世界の鮭の仲間30種類以上を展示

サーモンミュージアム WEB 文化から環境まで鮭だらけ!110問の問題正解者は間違いなく鮭博士です。

« »