ホタテのさばき方! BBQでホタテを食べる時の必殺技

バーベキューでホタテを美味しく、こぼさず食べる裏ワザ

いい香りがしてきた。食べようか!とワクワクした直後の「ジュー」というホタテのツユが流れ落ちる音、ショックですよね。

焼く前に貝柱をはがし手から焼けばそんな心配はありません。

コロンと取って、ホタテの殻のくぼみが深い方を下にして、浅い方をフタにして焼きます。

火が通ってきたらホタテの身を裏返して、もう少し焼けばスマートです。

 

え?さばき方がわからない??ご安心を!

 

ホタテをさばいてみよう!稚貝で練習

稚貝の貝を上下に広げながら、ステーキ用のナイフやスプーンで、貝と身の間を殻に沿うように少しずつカリカリすると、貝柱が殻からきれいに外れます。

こんな感じでパカっと開きます。

ホタテをさばいてみよう!大きいホタテの場合

うむ。リッパ!

こっちは隙間なし。

こっちは隙間アリ!(閉じた時にこの隙間から水が出て、ホタテは泳ぐのだ!)

この隙間からステーキナイフを殻に沿って当てると・・・・

開きました。貝柱だけを「切る」というよりは「はがす」感じでチャレンジしてみてください。

反対側もカリカリ剥がせばポロっと外れます。

ホタテのウロはどうする?

たまに食べるぐらいなら大丈夫ですが、心配な方は避けたほうがいいでしょう(たくさん食べなければ大丈夫!稚貝なら少ないから大丈夫!と食べる人もいます)。

 

ホタテのウロは「貝毒」がある場合があります(定期的に海でチェックされているので普通は大丈夫ですが)。

また、カドミウムがウロだけに貯まるため、

 

色々な魚介類のさばくコツは「こちら」で。

家庭での調理は誰も見てません。ラクチンに考えて美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー