アニサキスを飼育する。 アニサキスって飼えるんデス!

さばいているうちに必ず会えるアニーちゃん。

怖がっていちゃぁつまらない。もっと近づいて知り尽くしましょう。

何に気を付ければいいかわかれば、怖くなく、いつでも会えて可愛いモンです。

アニサキスの入手方法

アニサキスだけでは売っていません。

鮮魚の内臓にいることが多く、おススメはサバです。3-4匹サバけば見つかります。

魚をサバくと、まな板が汚れる!とか、内臓が臭くなる!という方は「こちら」からラクチンなさばき方を知ってから!

鯖じゃなくてもいいですよ。ホッケの肝臓に2匹!

胃の中のオキアミを並べてみると、アニサキスが生きていく流れ「海を漂うアニサキスの卵⇒甲殻類(オキアミ等)⇒中間宿主(サバ、イカ、イワシ等等)→海生哺乳類(イルカやクジラ)⇒海生哺乳類の体内で成体(成虫)となり海中に卵を放出」がわかりやすい!と感動したりして、アニサキスは飼育、肝臓は茹でて食べたり。

アニサキスを水で飼育しよう!

ペットボトルの蓋の中に水を入れれば一週間は飼えます。

水の中から逃げる事は無いですが、刺身に紛れないように注意。

※乾燥した分の水は追加して下さい。忘れるとアニサキスの干物ができます。

優しい人はポカリで飼う人もいます。

 

でもこれだけじゃあ楽しくない。

アニサキスをお酢で飼ってみよう!

お酢で死なないアニサキス。シメサバで食中毒になる理由が実感できる!

蒸発した分はお水を足しながら観察し、私の記録は264時間です。

この動画を撮影後、水の追加を忘れて乾いてミイラになったため記録は停まりました。

お酢に浸して264時間後(約11日後)のアニサキス

4匹中2匹は傷口からお酢が入って白く変色して死にましたが、1匹は元気で、12日目でも生きています。もう一匹も、たまにクネクネ動きました。

 

ということで、お酢でアニサキスは死にません。

シメサバを作るときに自信がない人は冷凍をおすすめしますヨ!

お酢で〆るとキュッと肉が閉まるので、冷凍してもそこまで食感は悪くなりません。

 

もっとアニサキスを知りたい方は「こちら」から!

色々な魚介類のさばくコツは「こちら」。魚介類の保存方法は「こちら」

むやみに恐れず、楽しみながらラクチンに美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー