サンマが獲れない。困った困った・・・。なぜ?

刺身に塩焼きに欠かせない旬の魚、秋刀魚!

脂がのった秋刀魚の刺身は旨い!昔は食べられなかったけれど、獲ってすぐ生きたままシャーベット状の氷に漬けるので昔は食べられなかった地域でも刺身でたべられる「鮮度」で流通して嬉しい限り。

塩焼きもタマラン!アツアツのサンマに・・・ポン酢派?大根おろし派?喧嘩せず両方食べてもOK!

でも最近サンマが獲れなくなっているという話も。

サンマ 不漁の原因

サンマの獲り方を知らないと、なぜ漁獲量が減ったかは語れません。

サンマは棒受け網という漁法で、光に集まったサンマを棒受け網の上に光で誘導してから棒を上げ、直径40センチのフィッシュポンプでジュルジュルッと生きたまま吸って直ぐに氷で冷やして獲ります。

日本の獲り方は刺身用に鮮魚で!と小型船が多く港と漁場を行き来します。

海外船はモトモト冷凍用なので大型船サンマを港に運ぶ運搬船が大型船と港を行き来するため、ずーっとサンマの群れを追いかけていくことができる戦略です。

不漁の原因① 温暖化の影響で潮の流れ、海水温が高くなった。

温暖化の影響で潮の流れが変わったり、全体的に海水温が温かくなったことで、北や東に群れが移動してしまう。

不漁の原因② 群れが日本から離れている

①と同じ理由にしてもよさそうですが、群れが日本から離れて移動時間が長くなって漁獲時間も短くなると、刺身用に港に定期的に変える必要がある日本船の漁獲量は減ります。

不漁の原因③ ライバルは外国船??

同じ群れを外国船も獲っていると、取り合いになってしまいます。複数の国が同じ資源(国際資源)を欲しい状況になる場合です。

(2021年度に、日本が発案して関係国がサンマを獲りすぎないように約束しました。)

不漁の原因④ 海洋酸性化の影響で餌がなくなってきた??

海洋酸性化は簡単に言うと二酸化炭素の影響で海が酸っぱくなってしまう状態です。

酸っぱくなると、貝殻をもつ海洋性プランクトンや甲殻類(エビやカニ)の殻が溶けて育ちません。

それを主食とするサンマは、エサがそもそも減ったりなかっりすると増えることができません。

これは、海域全体で起きる可能性が高い問題で、人が食べる魚にも影響する状態です。

もちろん、サンマだけでなくサケも影響を受けている可能性が高いのです。

→クリオネも絶滅するかもしれない海洋酸性化については「こちら」から

実際にそのようになるのか研究を進めながら、並行して二酸化炭素排出を減らす必要がありそうです。

 

獲れない!というニュースではなく、美味しいサンマを食べる季節が訪れるといいのですが・・・。

サンマにアニサキス??

残念ながら、いる場合もあります。

怖い場合は塩焼きが一番ですが、どうしても刺身が食べたい場合は冷凍してからでもいいですね。

丸で冷凍しても、細いサンマは流水で直ぐに解凍できて三枚におろせるので、秋刀魚の脂の旨味を刺身で堪能していただきたい!

実は時短につながる冷凍刺身の作り方は「こちら」

骨が喉に刺さらない対策

ちなみに・・・サンマの骨が喉に引っかかった!なんて人いませんよね?

下は10か月の男の子にアーンと食べさせた後のサンマです。骨の位置が分かっていれば危なくありません。

他にもある対策を知りたい方は「こちら」から!

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー