海業(うみぎょう)とは? 海を中心に地域経済を元気にする!

海業とは?

水産、観光、飲食業など、海に関係する地域資源を生かす産業です。

港町で新鮮なさかなが獲れるだけでは食べる場所が無くてもったいない。

海で漁業を見学したくても、漁師さんの協力が無ければできません。

でも漁師さんだけで人を集めるのは無理です。観光系に強い人の力が必要です。

 

そのようなことから、最終的に、浜に地域循環型の経済がうまく回るように、つまりは地域の中で協力し合って人が集まり活気が出るように、海業振興が考えられ始めています。

どんな海業があるの?

観光客向けの漁業体験ツアー

実際に定置網を引っ張る体験もあれば、ホタルイカ海上観光のように見るだけという場合も「こちら」

面白いことに、漁師は魚を獲って売らないとお金にならないハズなのですが、体験したい人にとっては獲れない事も自然を感じるコトにつながるのです。

そして・・・漁師に興味があって、ちょっと体験したいけど、漁師さんに頼むとその後の勧誘がチョット心配!でも、お金を払って体験してみるなら気軽に申し込める!(それが漁師さんになりたい!につながればウレシイ!)

 

各地にイイモノはたくさんありますし、その場でしか食べられない魚も沢山います。

無くなってしまうとゼロから作り出すことは大変なので、各地で元気になる取り組みが考えられ始めているのです。

「地域おこし協力隊」で水産に関するお仕事を考えている人も沢山いますヨ。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー