ホンビノス 砂抜き方法

ホンビノスの砂抜き方法

アサリたちと違って、砂抜き不要の素敵な女神(ビーナス→ビノス)です。

表面をざざっと流水の中でこすり合わせたらハイおしまい。

酒蒸しでも、スープでもどうぞ!

イカや貝は凍らせてもあまり品質が変わらないので、洗ったら食べる日まで冷凍しておいてもOKです。

ただし、似ているカガミガイは砂袋を取らないとジャリジャリします。

「江戸前の貝」のページで見分け方をしっかりと覚えてくださいね。

いつまで熱をかければいい?

ホンビノス貝は、ゆでて開くタイミングが他の貝よりも遅いです。

「ん?大丈夫か?」と感じてからがお楽しみ!大きめで美味しいのでチャレンジしてください!

酒蒸し等は蓋をして蒸すのをおすすめしますよ!

空いた!貝が開く理由も「こちら」から知っておくと安心して食べられますよ。

酒蒸しで残ったスープはお水で薄めてお醤油で味を整えてスープでどうぞ!

ホンビノスは外来種です。食べていいの?と聞かれる場合があります。

確かにいくらおいしくても、生態系に影響があってはダメですよね。

外来種について詳しくは「こちら」からどうぞ!

 

他の魚介類の保存方法は「こちら」で。

色々な魚介類のさばくコツは「こちら」で。

家庭での調理は誰も見てません。ラクチンに考えて美味しい魚を食べてくださいね。

« »



この記事をシェアする
タイトルとURLをコピー